アメリカ人妻(恐妻)を持つ管理人(山村崇志)が、英語英会話学習ツール、国際交流経験、英語リスニングトレーニング、等の情報交換のために設立したWebサイトです。

Visitors






受動系英語
アメリカン鬼嫁Menu





THE AVENGERS洋画で英語リスニング学習:

洋画を利用することによって英語リスニングの練習、語彙を増やす、外国の文化を学ぶなどの効果を期待できます。このシリーズは洋画のTrailer動画等から日常で使える便利英語表現やスラングをピックアップし、日本語訳、意味を書き出しています。
Facebook上にも英語関連、アメリカ生活、英会話スラング等、各種情報をUpしています
(Facebookアカウントがなくても記事は見れます。コメント書き込みにはアカウント必要です)




0:08
You were made to be rude.
お前は無礼になるために作られたのだ

I was born to be an athlete.
私はアスリートになるために生まれてきた、
のように何々の目的で生まれてきた、作られたなどの表現はよく使われます。


1:10
No offence, but I don't play well while with others.
悪気はないが、俺は他人と組むと調子が狂うんだよ

人を不快にさせてしまう可能性があるとき、誤解を生んでしまう可能性があることを言う前に一言、No offence、(悪気はないが、気を悪くしないでほしいが、)と前置きをおく表現です。


1:50
and I'm a huge fan of the way you lose control and turn into an enormous green rage monster.
私はあなたが理性を失って巨大な緑の怒り狂ったモンスターになることのファンなのです。

I'm a huge fan of ---
---の熱狂的なファンである


(Wiki参照)http://ja.wikipedia.org/wiki/アベンジャーズ_(マーベル・コミック)
1963年に「それぞれ違う能力を持ったヒーローたちが協力して戦う」というコンセプトのもとに、すでに個別で(独立して)活躍していたヒーローたちによって結成されて以来、マーベル・ユニバース最大のヒーローチームとして人気を博し、現在に至る。その特性からして、ライバルであるDCコミック社のヒーローチーム ジャスティス・リーグ(JLA)に対抗して作られたとも見ることが出来る。
アベンジャーズのヒーローチームとして特徴的な点は、基本的に家族だけで構成されるファンタスティック・フォーやミュータント限定のX-メンとは異なり、ヒーローであること以外参加条件がほとんどない、ということである。そのため、個人で主役を張るタイトルを持っているようなキャラクターからマイナーなキャラクターまで、非常に多くのヒーローが在籍経験を持ち(入ってすぐに離脱することも珍しくない)、またそのチームとしての拡張性の高さがこのチームの魅力でもある。チーム集合時の掛け声「Avengers Assemble!」は、チームを象徴する台詞であり、随所で使用されている。

アベンジャーズ・アッセンブル


Cinefex No.26 日本版 -アベンジャーズー (Cinefex 日本語版)


☆こんなページが欲しいなどのリクエスト、ご提案ありましたお願いします☆
☆本サイトの情報がご参考になりましたらSupportお願いいたしますm(_ _)m☆




Facebook上にも英語関連、アメリカ生活、英会話スラング等、各種情報をUpしています
(Facebookアカウントがなくても記事は見れます。コメント書き込みにはアカウント必要です)
サイト内カスタムサーチ↓↓
気になる情報を検索してみて下さい。
例1、英語 スラング 一覧
例2、リスニング上達 コツ
例3、アメリカ 交通ルール
などなど。
Custom Search

アメリカン鬼嫁+英語学習「日本人のための英会話」

Takashi Yamamura